小さな会社のIT担当者のための

セキュリティ強化支援サービス

最低限やっておきたい
つのセキュリティ対策

  • ランサムウェアなどのウィルスを

    出入りさせない

    出入口対策

    UTM がインターネットの出入口で侵入を遮断。パソコンのウィルス対策ソフトをくぐり抜ける攻撃もブロックします。

月額 12,000 円

  • ランサムウェアなどのウィルスを

    感染させない

    感染予防対策

    社内パソコン OS のアップデート管理によって常に脆弱性のない最新状態を保ちます。また USB メモリの利用制限も管理し、持込感染や情報漏えいも防ぎます。

  • もしも感染しても

    被害を拡大させない

    データ保護・データ管理対策

    クラウドサーバに社内ファイルサーバや NAS サーバのデータを毎日バックアップ。もしもの時にも復元が可能です。また、ファイルのアクセス管理によって社内のデータの一元管理を行います。

月額 23,000 円
(小規模事務所 ~ 社員 100 名)

要注意! 中小企業が狙われる

ランサム(身代金)ウェア

(2016年実績 トレンドマイクロ調査)

国内検出台数
65,400台

インターネットバンキング

(2016年実績 警察庁)

不正送金被害
16億円

インターネットバンキングの不正送信事件や、ECサイトにおけるクレジットカード不正利用事件では、正規のサイトにアクセスしたとしても、改ざんされた認証画面が表示されるため、利用者は偽造に気付かず、IDやパスワードが乗っ取られます。

対策が不十分であったり、リテラシーが低い、中小企業が狙われています。

中小の製造業やサービス業では、ウィルスの感染数や、サイバー攻撃の被害数に大きなばらつきが見られます。これは、従業員のリテラシーが低く、怪しいサイトにアクセスしたり不審なメールを開いてしまうケースが多い可能性が高いからだと分析されています。また、被害にあっていることすら気付かないケースもあります。

つまり、お金や人、ノウハウなどが限られている小規模企業や中小企業でも、セキュリティ対策を行わないと企業に被害や信用低下を招く経営リスクがあるということです。

ここで

  • あなたの会社では、インターネットの接続口に、ウィルスを出入りさせないための、「出入り口対策」はしていますか?

  • あなたの会社では、社員のパソコンのWindowsOS は常に最新の状態になっていますか?

  • あなたの会社では、社員のUSBメモリの使用を管理したり、制限はしていますか?

  • あなたの会社では、社内のファイルサーバや、NASサーバのデータを毎日バックアップしていますか?

  • あなたの会社では、社内のファイルサーバや、NASサーバの共有ファイルを、ユーザ単位でアクセス権を設定・管理していますか?

  • セキュリティ対策には、お金も掛かるし、専門知識を持った担当者が必要と、思っていませんか?

そんなサイタスがサービス化した3つの対策はコチラから

お申込みからサービス開始までの
主な流れ

さらに詳しい商品説明にはたくさんの説明がありますが、見ていて少しでも面倒だと思われたら、すぐにお電話ください。 お客様の疑問や不安を、分かりやすく説明させていただきます。

お電話でのお問合わせは

03-5209-6820

メールでのお問合わせは